こだわり

一業専念

古来より京都では、京の町衆のご馳走といえば、”鯖寿司”といわれるほど、祭りの日やハレの日の食卓には鯖寿司が飾られておりました。現在でも京の三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)などの日には、鯖寿司を食べる風習が御座います。 江戸時代、若狭から京都までの道のりは、最短でも18里(72㎞)、その道のりを一昼夜かけて若狭の食材を京都まで運んでおりました。防腐剤も冷蔵技術もなかった当時は、鯖を京都まで運ぶ際に内臓を取り出し、腹に塩を抱かせていました。そのため、塩鯖はとても塩辛く保存食としての限られた食材でしかありませんでした。そこで京の町衆が鯖の旨味を引き出そうと、考えついたのが「京、鯖寿し」です。 




現在、輸送経路や保存技術の進歩もあり、昔のような不便さは無くなりましたが、味や技術を守り続ける事は至難の業(わざ)です。 

「祭りといえば鯖寿司」と、京都ならではの習慣を全国に広め、どんな祭りでもハレの日のご馳走として、皆様の食卓に「欠かせない存在に出来れば・・・」というのが1つの夢です。



お電話、FAXでのご注文も
お受けしております。
●下鴨店

【TEL】075-712-5245
【FAX】075-723-0008

商品カテゴリ

オンラインショップカレンダー
  • 今日
  • 窓口休業日
  • 店舗休業日

【花折通販ショップカレンダー】
窓口休業日は、オンラインショップの窓口の休業日となります。
メールでのお問い合わせには対応できません。ご了承ください。
お急ぎのご用向きがございましたら、お手数ですが、店舗まで直接お電話下さい。
店舗休業日は、実店舗の休業日となります。
商品出荷ができませんので、ご注意ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ